スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学終了3日前

水曜日のフライトで、10ヶ月ぶりに日本に帰ります。

期末が終わってからは、いろんなパーティーに顔を出させてもらったり、友達の伯父さんのお宅に3泊させてもらったり、パッキングでバタバタしたり……
とにかくあっという間な2週間でした。




私のこの留学を振り返ったとき、「自分の軸を持つことの大切さ」と「友達の大切さ」という2つのキーワードが思い浮かびます。




まず、「軸」。



私は、今までいかに自分が周りの評価に流されてきただけだったのかということに、心の底から気づかされました。


それが今は、皆と同じ時期に同じようなリクルートスーツを着て就活をすることに、ものすごく違和感を感じています。
皆と一緒でなければならないという「常識」に疑問を抱いています。


もちろん、確固とした自己がある上で、周りの中に溶け込むのは良いことだと思います。

でも、ただ周りに流されているだけだとしたら?

そうだとしたら、己をよく見つめ直す必要があるのではないでしょうか。



日本に帰っても、「常識」を「常識」として鵜呑みにしないような姿勢を保ちたいと思います。






次に、友達。


正直、なんで自分がこんなに友達に恵まれているのか、さっぱりわかりません笑。
実は前世、何か良いことをしたんじゃないかと思う程…笑。


でもとにかく、この留学中に知り合った友達(UCD生に留まらず、留学を通して知り合った皆)は、本当に一生の宝物だと思っています。


留学生活がつらかったとき、将来のことで思い悩んだとき、私生活のことで苦しんだとき…
どんなときも、私のそばには誰かがいてくれました。

こんな私を支えてくれて、皆どうもありがとう。
皆がいてくれなかったら、今の私はありません。
感謝してもしきれない。


本当に、本当に、今までどうもありがとうございました。







パッキングが進み、自分がずっと使っていた部屋から私の荷物がなくなっていくのを見ると、胸が張り裂けそうな気持ちになります。

毎朝キャンパスに通っていたときに見ていた風景とか、そういうものが今後「日常」ではなくなるんだと、空虚感に似たものを覚えたりしています。



きっと歳をとって留学中の写真を見た時、思わず何かがこみ上げて来る感覚に襲われることでしょう。

それなのに世界は動き続けて、私が留学してたことなんてもうほとんどの人が忘れているかもしれない。

そう思うと、とても不安です。


でも、この留学経験が、私の今後の人生に大きく影響していくだろうことは間違いありません。

帰国後の自分がどう生きていくのかも未知な状態ですが、自分なりに、自分の道を探し続けようと思います。





最後に、友達が最近言ってくれたこと。


you never lose your way
just make a new path
sometimes getting lost is the best way to find yourself












スポンサーサイト

JASSも最後

昨日は、Japanese American Student Society(JASS)最後のイベントでした

29116_1453005134820_1524037329_1082076_4945560_n.jpg


potluckパーティーだったのですが、私の持っていったものは若干失敗作となってしまいました笑。

ラクして豚の角煮を持っていく予定だったのですが、どういうわけか誤って骨付きリブを買ってしまい、骨を切り離すのに少し苦労した上、脂肪が少なかったためいまいち柔らかく煮込めませんでした



一方、JASSの他の皆は、とってもおいしい1品を持ち寄っていたと思います

その中の一つの、JASSって書いてあるカップケーキがかわいかった
29116_1453004894814_1524037329_1082070_7740209_n.jpg
(写真で見るとあんまりかわいく見えませんが、実際は色とかもきれいでした)





最後のイベントだということもあり、私は会う人会う人に「1学年間どうもありがとう」って言ってまわりました。

帰国のことなんて考えたくないけど、こっちでできた友達とは帰国後もスカイプとかする約束したんで、それを考えると結構気持ちが落ち着きます







帰国後の予定=将来の進路について最近本当によく考えます。

何かしらの道が早く見えると良いんだけど……








最後の授業

タイトルは「最後の授業」にしてみましたが、アルザスとは全く関係ありません笑。
文字通り、UCD最後の授業が終わってしまったというだけです笑。




今日は、フランス語のオーラルの試験とESLの授業がありました。

午後のESLの授業をもって、留学先での授業が全て終了………

もう3週間後には日本に帰国です



いろいろと、i could have done~みたいなこともありますが、もう過去には戻れないんだから、そんなこと言っても仕方ないですよね…



冬まで留学が続く子たちに「私、日本に帰りたくない!」と言うと、「え、なんで?Davisって退屈じゃない??」みたいに皆言います。

私も、先学期は「あーーーー日本に帰りたいぃぃぃ」って毎日のように言ってました笑。



でも今は、留学中に知り合った友達ともう今までみたいに話したりできないんだと思うと、本当に寂しいです。

さらには、「日本に帰ったら自分はどうなっちゃうんだろう?居場所はあるんだろうか?」という不安もあります。



そうはいっても、今自分にできることは残りの3週間も充実した毎日にするということのみ!

悔いが多くならないよう、いろんな人とお話できたらと思います。





最後に、今日ESLのクラスの皆で撮った写真をば!
このクラスはほとんど大学院生なのですが、皆落ち着き過ぎておらず、すごく良い人達でした

DSCN2784_convert_20100604080803.jpg









JASS Banquet!

先週の土曜日、私の所属しているJapanese American Student Society(以下JASS)のbanquetがありました

会場はサクラメントのヒルトン。
30659_430819285922_630495922_5999157_3867524_n.jpg



アメリカに来てから初のドレスアップパーティーだったので(どんだけ社交性ないんだ、私w)、新鮮な感じがしました



banquetでは、JASSのメンバーがつくったビデオクリップをスクリーンで見たり、卒業生&交換留学生へのプレゼントの受け渡しがあったりしました。

そのプレゼントというのは、JASSのイベントで撮った写真が入っている写真立てと、JASS執行部からのメッセージカードでした

私のメッセージカードは、JASSの最初のイベントのときに知り合って以来親しくさせてもらっていたフィリピン系アメリカ人の子が書いてくれたとのこと↓
32266_1440471901497_1524037329_1048629_6091215_n.jpg

英語ではもちろんのこと、フランス語と日本語での表記もあるところがさすがですよね

ほんとに心温まるプレゼントだと思います
日本に帰ってからも大切にします。Miguel、ありがとう!



そしてその後は、JASS banquet恒例のダンス

人が群がっています笑↓
29959_431265355922_630495922_6012068_6139562_n.jpg

この二人がかわいい笑↓
29959_431265625922_630495922_6012094_1080944_n.jpg

私も、上の写真の黒いシャツの彼にダンス誘われましたが、ものすごい勢いで断ってしまいました笑。
やはり社交性が欠如している





まぁ、そんなこんなでダンスも終わり、お次ぎは2次会@JASS執行部の一人のアパート


どういうわけかJASS以外の人も大量にいたため、アパート内にざっと50人は人がいたと思います
もしかしたら、もっといたかも……






どんどん皆が酔っていって、

仲の良い子1→なぜかちょっと乱暴になってる(普段は女神のように優しい)
仲の良い子2→日本語わかんないアメリカ人に向かって、日本語でしゃべってる(しかも、その子自身もアメリカ人なのに…)
仲の良い子3→お酒の缶を握りしめて、「これ、水?」って真顔で聞いてくる(週明けに聞いたところ、全くその事実を忘れていた)
仲の良い子4→もはや私の存在に気づいてくれないw
etcetcetcetc......







こんな感じで、おもひでにのこるJASS Banquetな1日でした







ヨセミテでキャンプ

週末に、UCDのOutdoor Adventure Center主催のヨセミテ・カーキャンピング・ツアーに参加してきました


私はキャンプなんてしたことなかったため、出発前はいくらか不安等もありましたが、すっごく楽しんできました



朝は集合が5時半だったため、まだ星が見えてる時に家を出て、寝袋等の大荷物をかかえて自転車でキャンパスに向かいました(この時点で若干サバイバル感に満たされました笑)

ヨセミテまでは車で4時間程度だったので、11時くらいに到着




到着してからまず初めに驚いたのは、その雄大な自然……ではなく、キャンプ場が確保されていなかったこと笑。

「場所がない~~」「あそこももう予約でいっぱいらしいよ」などと、このツアーのガイド役の学生2人が言っていました笑。

キャンプの日にちがずっと前から決まってたんだから、キャンプ場くらい予約しようよ!って思いました笑笑。



とはいえ無事にキャンプ場も見つかり、12時頃からハイキングへ!


少し(結構きつい坂道だったけど)ハイキングしてから、お昼ご飯休憩を取り、再び歩き始めたのですが、そこからの道の険しいこと!!笑。

32516_1433337803149_1524037329_1032709_5015408_n.jpg


目指すは、あの滝の始まるところ…!↓
32516_1433337723147_1524037329_1032707_286389_n.jpg


滝壺には何個も何個も虹があってきれいでした↓
32516_1433337883151_1524037329_1032710_1063689_n.jpg

ちなみに、滝の側はもはや雨が降っているような状態で水しぶきがひどかったです
キャンプ=シャワー浴びれない、ということで、前髪の天然パーマが激しく、髪が翌日ぐちゃぐちゃになるのを恐れた私は、出発前にものすごく丁寧に前髪にアイロンをかけたのですが、この滝の水しぶきでもはや前髪どころが全身ずぶぬれに



滝の始まるところに着いた時の喜びはひとしお……と言いたいところですが、もはや疲れきってました笑。

だって、この道を辿って来たんですよ?人小さすぎ…↓
32516_1433338003154_1524037329_1032711_7530182_n.jpg

みんな頂上で一休み↓
32516_1433338083156_1524037329_1032713_2318976_n.jpg

中国人の子にお菓子をもらって思わずパチリ↓
32516_1433338323162_1524037329_1032718_8337040_n.jpg



そして、言うまでもなく帰りの道のりはもっと恐かったです……




夕方5時にひとまずキャンプ場に行き、テントの用意を↓
32516_1433338443165_1524037329_1032720_7233934_n.jpg

キャンプ場↓
32516_1433338923177_1524037329_1032728_4757439_n.jpg



この直後もまた滝を見に、平坦な道をハイキングしましたが、そこでは小さなくまに遭遇したりしました



戻ってからは夕飯の用意です
32516_1433338723172_1524037329_1032724_2049195_n.jpg

夕飯は、みんなが分担して持ち寄った野菜やお米、お肉等でつくりました↓
32516_1433338763173_1524037329_1032725_8319584_n.jpg



夕飯の後、ガイドの学生の一人がギターをひくのを聞き、今度は10時頃に星座観測

さすがに車の光があるので、アラスカよりはすっきり星が見えませんでしたが、ちゃんと流れ星も見えました



そして、テントに帰ってご就寝


生まれて二度目の寝袋でしたが、横になってからすぐに眠れました

…ちなみに、人生初寝袋は、我が家にて家の中にテントを張って寝袋で寝た時です笑。
弱冠10歳程度だったかと


夜は、5月だっていうのにものすごい寒さでした。
コートとかババシャツとかタイツを持って行って正解




翌朝は、8時くらいに朝ご飯だったのですが、ここでまたもう一つ驚きが…

2日目の朝ご飯はツアーに含まれています」って事前オリエンテーションのときにもらった旅程表に書いてあったのに、「皆、朝ご飯持って来た?」とガイドの二人…

アジア人留学生が多かったからか、誰も文句は言いませんでしたが笑。



ちなみに、最初は「寝袋等も参加費に含まれています」と申し込みのときに言われていたのに、「寝袋は持参で!」とオリエンテーションで言われたりもしました笑。




まぁ何はともあれ笑、朝のハイキングの支度をし、1時間程度の平坦な道をひたすら歩くハイキングへ!


朝の出発前の様子↓
32516_1433338963178_1524037329_1032729_3519796_n.jpg



朝のハイキングは気持ちよかったです
32516_1433339403189_1524037329_1032736_4469698_n.jpg

すごくきれいに水が景色を反射してました↓
32516_1433339443190_1524037329_1032737_2515131_n.jpg

少年たちも水にくっきり↓
32516_1433339523192_1524037329_1032738_6048193_n.jpg



このハイキングの後はお昼ご飯を食べる場所まで、結構急な道を辿って行きました。


大きな木の下をくぐったり↓
32516_1433339883201_1524037329_1032743_4081078_n.jpg

それ以上に大きな木が横たわってるのを見たり(左下の水色のが友達のリュックだということからも、その大きさはわかってもらえるかと)↓
32516_1433340003204_1524037329_1032746_3153855_n.jpg

その大きな木の中に、根っこ側から入り込んだり↓
32516_1433340403214_1524037329_1032750_3013983_n.jpg


大変だったけど、これも楽しいハイキングでした



最後は、もと来た道を辿りながら、雪合戦しました笑↓
32516_1433340683221_1524037329_1032754_3277437_n.jpg




かなり無秩序なキャンプツアーでもありましたが笑、ものすごく楽しめました







プロフィール

Latte・Mocha

Author:Latte・Mocha
2009年9月から2010年6月までの約1年間だけですが、カリフォルニア大学デイヴィス校(the University of California, Davis / UCD)に交換留学生として留学しました。少しでも留学を考えている方のお役に立てれば幸いです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。